母の介護が出来るよう看護師を続けていれば良かった

脳梗塞で麻痺になった母を在宅で介護できるのか不安です。

母が脳梗塞を発症してから4ヶ月。
最初に救急車で運ばれた病院から、転院先の病院で今はリハビリに励んでいます。
リハビリは言語、作業、理学の三つです。
それぞれの療法士の先生たちは若い人が多いのですが、皆さんとても感じがよく、マナーも良く、素晴らしい方たちです。
いつも母を大切に扱ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
面会のときにリハビリの時間に重なると、「ぜひリハビリを見学してください」と言われ、様子を見せてもらいます。

ただ、とてもいい方たちだけに、「どれくらい回復したらお家で見ることができますか?」と聞かれると困ってしまいます。
というのも、当初母の状態は思わしくなく、施設での生活になるだろうと言われていました。
それが想像した以上に回復し、自宅での生活が視野に入ってきたのです。

親不孝と思われるかもしれませんが、自宅で体の不自由な母の面倒をこの先見ていくのかと思うと、不安でいっぱいです。
療法士さんはいろんな福祉用具を利用したり、ケアマネージャーさんに相談してやっていきましょう、と言われるのですが、今後、そのケアマネさんをはじめ、色んな人が家に出入りするようになるということですよね。
うちはそんなによその人に対してオープンなほうではないので、そういった面での心配もあります。
よその人が頻繁に家に出入りする生活がとてもイメージができないし、お金もどれだけかかるのかわからないし、不安だらけです。
かといって母に帰ってくるなとは言えません。
帰ってきてほしくないと思っているなんて、誰にも言えなくてストレスです。
どう転んでも母と同居する可能性のない兄は、母の回復ぶりを能天気に喜ぶばかりで、恨めしいです。

そのうち、家屋調査といって、自宅で生活する上で家の構造がどうか、というようなことを直接、調査しに来るらしいです。
そういうのもプレッシャーで、なるべくなら療法士さんたちと接したくないと思ってしまいます。

在宅介護についてはこれまで、完全に他人事でしたが、突然身近に迫ってきて、心の中はパニックです。
ストレスですでに体調を崩してしまいました。
これからが思いやられます。

私自身看護師だったのですが、体調を崩したことにより辞めてしまい、今ではあまり医療に関する知識に自信がありません。
こんなことになるんだったら、私が母の世話を出来るよう、看護師としてもっと頑張れば良かったな・・・と後悔の気持ちもあります。
⇒⇒⇒看護師 求人 高松

他の患者さんのご家族は、自宅に連れて帰れるとなったら大喜びなのでしょうか?
どんなふうに色んな問題を解決しているのか、気になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です