blog」カテゴリーアーカイブ

母の介護が出来るよう看護師を続けていれば良かった

脳梗塞で麻痺になった母を在宅で介護できるのか不安です。

母が脳梗塞を発症してから4ヶ月。
最初に救急車で運ばれた病院から、転院先の病院で今はリハビリに励んでいます。
リハビリは言語、作業、理学の三つです。
それぞれの療法士の先生たちは若い人が多いのですが、皆さんとても感じがよく、マナーも良く、素晴らしい方たちです。
いつも母を大切に扱ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
面会のときにリハビリの時間に重なると、「ぜひリハビリを見学してください」と言われ、様子を見せてもらいます。

ただ、とてもいい方たちだけに、「どれくらい回復したらお家で見ることができますか?」と聞かれると困ってしまいます。
というのも、当初母の状態は思わしくなく、施設での生活になるだろうと言われていました。
それが想像した以上に回復し、自宅での生活が視野に入ってきたのです。

親不孝と思われるかもしれませんが、自宅で体の不自由な母の面倒をこの先見ていくのかと思うと、不安でいっぱいです。
療法士さんはいろんな福祉用具を利用したり、ケアマネージャーさんに相談してやっていきましょう、と言われるのですが、今後、そのケアマネさんをはじめ、色んな人が家に出入りするようになるということですよね。
うちはそんなによその人に対してオープンなほうではないので、そういった面での心配もあります。
よその人が頻繁に家に出入りする生活がとてもイメージができないし、お金もどれだけかかるのかわからないし、不安だらけです。
かといって母に帰ってくるなとは言えません。
帰ってきてほしくないと思っているなんて、誰にも言えなくてストレスです。
どう転んでも母と同居する可能性のない兄は、母の回復ぶりを能天気に喜ぶばかりで、恨めしいです。

そのうち、家屋調査といって、自宅で生活する上で家の構造がどうか、というようなことを直接、調査しに来るらしいです。
そういうのもプレッシャーで、なるべくなら療法士さんたちと接したくないと思ってしまいます。

在宅介護についてはこれまで、完全に他人事でしたが、突然身近に迫ってきて、心の中はパニックです。
ストレスですでに体調を崩してしまいました。
これからが思いやられます。

私自身看護師だったのですが、体調を崩したことにより辞めてしまい、今ではあまり医療に関する知識に自信がありません。
こんなことになるんだったら、私が母の世話を出来るよう、看護師としてもっと頑張れば良かったな・・・と後悔の気持ちもあります。
⇒⇒⇒看護師 求人 高松

他の患者さんのご家族は、自宅に連れて帰れるとなったら大喜びなのでしょうか?
どんなふうに色んな問題を解決しているのか、気になってしまいました。

祖母に元気をくれた薬剤師さん

祖母が足を骨折して入院していた頃の話です。

わたしの祖母は、神戸の北区のとある田舎に住んでいます。
毎日畑仕事にせっせと励んでいた祖母ですが、ある日畑で作業をしていて足を滑らせ、骨折をしました。
祖母は農作業が好きで、骨折する前は毎日畑に出ては野菜の苗を植えたり、草をとったりしていました。
ところが大怪我をしてしまって、今では入院生活を送る毎日です。

今は骨折した日から2週間ほどたっていることもあり、普段は痛みは感じないそうです。
でも、動くことができないので退屈で仕方がない、と言います。
先日私が病院へお見舞いに行ったときも、一日のうち数時間はテレビを観るけどそれ以外は何もすることがないと言って嘆いていました。

そして動けないので食欲もないそうで、食事もあまり食べない状態が続いていました。
そのため体は痩せ細る一方で、手足も次第に細くなっていっています。
これでは骨折が直っても、衰弱して立つこともできなくなってしまいそうです。

そこで祖母の気持ちを明るくしようと、あれこれ考えました。
そして思いついたのが、折り紙です。
祖母はもともと手が起用で、私が小さいときに色んな折り紙を折ってくれました。
それでそのことを思い出して、また折り紙を折る楽しさを感じてもらおうと思ったのです。

早速文房具店で、色とりどりの折り紙を買って祖母のところにもって行きました。
ところが祖母はもうすでに折り紙をしているではありませんか。
「おばあちゃん、その折り紙どうしたの?」と聞くと「学生さんからもらった」と答えました。

何でも看護学生さんが実習に来られて、祖母に折り紙を勧めてくれたのだそうです。
それで昔よく折っていたことを思い出して嬉しくなった祖母は、張り切って折り始めたようでした。

先を越された感じがしたけど、その学生さんのおかげで祖母はすっかり明るくなりました。
その日は私が持っていた折り紙も使って、色んなものを折っていました。
その日から、入院中に鶴を千羽折るのだと張り切っていました。

そうして千羽の鶴が完成するころ、祖母が元気になって退院することができました。
でも、痛みはまだあるようで、しばらくは病院通いが続きそうです。

また元気がなくなるかな・・・と思っていましたが、調剤薬局の薬剤師さんと、とっても仲良くなったよう。
話を聞いてみると、最近こちらの転職サイトを利用して、この薬局に働くことになったばかりなんだそうです。
薬剤師 求人 神戸
とっても人柄の良い薬剤師さんのようで、薬の待ち時間にいつも声を掛けてくれて、世間話を付き合ってくれると聞きました。

痛みも取れて、また元気になって畑作業をする祖母の姿が見られることを祈ります。

未経験薬剤師の調剤した散剤に異物混入

「散剤に異物が混入していた事件」は、氷山の一角!

50代の薬剤師です。
以前、「散剤に異物が混入されていた事件」が話題になりましたよね。
あの事件を聞いた時、以前勤めていた調剤薬局での恐ろしい出来事を思い出しました。
そのことについてお話したいと思います。

当時つとめていた調剤薬局は、わりと大規模な調剤薬局だったので、大勢の薬剤師が勤務していました。
その調剤薬局で、設立当初から働いているAさんという30代の薬剤師さんがいたのですが、
普段はそうでもないのですが、ちょっと気に入らないことがあると、烈火のごとく怒り出すという、アブない人。
なのに立ち回りはうまくて、上司や経営者に気に入られているという、取り扱いの面倒な人でもあり
私を含め、ほとんどの薬剤師が、距離をおいていました。

そのAさんが、とくに目の敵にしていたのが、半年前から働き始めた同年代の薬剤師Bさん。
外見も可愛らしくて、仕事もできるし、上司や経営者の評判も良い上、他の薬剤師たちにも好かれています。
自分の地位を脅かす上、誰にでも好かれる彼女のことが気に入らなかったのでしょう。
陰で、彼女の悪口を言いふらすようになりましたが、もちろん、私たちはきく耳をもちませんでした。

そんな折、「患者さんの大事な薬が紛失する」という事件がおきました。
薬剤師全員で、探し回ったところ、ゴミ箱から、その薬が発見されたのです。
早速、犯人探しがはじまり、最後に、その患者さんに関わったのは、Bさんであることが判明しました。
もちろん、Bさんは、かかわりを否定し、結局、犯人はわからず、うやむやに。
しかし、事態はこれだけでは、治まらなかったのです。

その後も、Bさんが関わる患者さんの大切なものが、次々と紛失しました。
それだけではなく、調剤室の重要な書類や、器械までも。
時には、リネン室から、時にはトイレの汚物入れから、さまざまなものが発見されました。
しかし、上層部は、事件が表ざたになるのを恐れてか、真剣に犯人を特定しようとしません。
ついには、事態を重くみたBさん自ら、調剤薬局を退職する事態となったのです。

私は今でも、犯人はAさんだと思っています。
証拠はありませんが、薬剤師仲間は、みんなそう思っていましたし、
Bさんがそんなことをする人だとは、どうしても思えませんでした。
あんな人が、調剤薬局で働いていること自体、恐ろしいことですが、改善できるすべがありません。
患者さんには、せめて、Aさんのような薬剤師に関わらないでほしいと願うばかりです。
でも、きちんとした未経験の薬剤師さんもたくさんいらっしゃいます。はじめて就職や転職される方は心配されないようにして下さいね。
⇒<薬剤師求人未経験>未経験者でも結構薬剤師求人ありますよ|探し方はコチラを参考に

30代にもなって純粋な私のお友達の婚活サイト活用術

私のお友達は10年付き合った彼がいました。しかし、彼は10年も付き合っているにも関わらず結婚する気がないといっていました。それをお友達が聞き、別れを決意したみたいです。ある日、いきなり電話がかかってきて、彼と別れるから荷物を運ぶのを手伝って欲しいと言われました。同棲していたので、荷物が沢山あったのです。

そのお友達に荷物を運びながら、よく長く付き合っていたのに別れを決意できたねというと、最近好きな人が出来たといわれました。純粋なお友達が彼氏以外に、他の男性を好きになるなんてありえない事だと思っていたので、びっくりしました。

それから少しして、その好きな人とお友達が付き合う事になりました。私はすごく嬉しくて応援しました。しかし、その友人が、夜の仕事をすると言い出したので、少し不信に思いました。詳しく話を聞いてみると、その彼とデートする時はお友達が全部お金を出しているというのです。だから今までの仕事ではお金が足りないらしいです。

さすがに、それは少し違うんではないかと思い彼と話し合ってみたらと勧めました。話し合った結果、その彼は時給がいい夜のバイトを勧めてきたらしいです。
私はそんな人やめたほうが良いよと強く言いましたが、今まで一人の人しか付き合った事がないせいか、その男性がおかしな発言をしていることに全く気づいていませんでした。結果夜のバイトを始めてしまい、心配していたのですが、彼がお友達のことに飽きたのか振りました。

それからそのお友達は夜の仕事を辞めました。お友達はすごく落ち込んでいましたが、私はすごく安心しました。
しかし、そのお友達はその彼のことが諦めきれず、今でもご飯に行っているみたいです。10年付き合っていた元彼氏から、よりを戻したいといわれているのですが、戻す気はないみたいです。
私はそのお友達が幸せになってくれれば、相手は誰でもいいですが、やはり信頼できるような人とお付き合いして欲しいと思っています。
そんな彼女もいまでは婚活サイトの達人です。このサイトを参考にして下さい。⇒ ズバリ!!<<30代>>に絶対おすすめの婚活サイトはココだ!

看護師あるある

看護師と車椅子 夜の病院何かが見えている、視えている?患者さんっていますよね。

日頃関わっていく中で患者さんから「そこに女の子がいる」「そこに足がある」などなど…。
それは術後の患者さんであったり、認知症の患者さんであったりしますが、夜間に言われた時にはゾッとします。
もちろん何か幽霊が視えている訳ではなく、せん妄による幻覚や認知症からくる幻覚かもしれません。
ですが、長谷川式でも点数が高く受け応えもはっきりしている患者さんがそのようなことを言うことが稀にあります…。

私は霊感はないものの、幽霊や怖い話は本当に苦手でそのような時はどうしたらよいかわからず、苦笑いで済ましたりしてます。
後になって先輩とその話をすると、実際に数年前、患者さんが亡くなっていたり、と…幻覚だけで片付く話でもないのかもしれません。

あと個人的には便に関することも…。
言わずと知れたグリセリン浣腸。便がかたーい患者さんなどには効果てき面ですよね。
私が勤務している病院では、便が漏れた時は「爆発したよー」「火山噴火してまーす」など少しコミカルな表現をしています。
忙しい時には冗談にならないですが…!
ラバーを敷いてそれでセーフならいいものの、大爆発を起こしていたらシーツも取り替えて、と患者さんにとっては便が出て良いことで業務に追われる私たちにとっては、鼻血が出そうな勢いです。
部屋に入った瞬間に嫌な予感は的中するものですよね。

看護師になって敏感になったもの、それは嗅覚だなと思っています。
良いのか悪いのか、あ、大爆発だな…と鼻で感じ取るとほぼ十中八九当たりであることが多いです。
それからは日常生活内でも何かしらにつけ、ニオイを嗅ぐ習慣がついてしまいました。
食べ物に限らずどこかに出かけた時にも気づけばニオイを嗅いでいます。
悲しいかな、職業病ですね…。

最近は腐ったものもニオイで嗅ぎ分けれるようになってきて、少し役に立ってるのかなーと思っています。
看護師をしていれば、何度かは経験する『あるある』ですね。