月別アーカイブ: 2017年7月

ぽっちゃりも魅力と言ってくれる理想の彼と出会えたよ

社会人になって2年目。私には学生時代から付き合っていた彼がいて、遠距離恋愛をしていました。
彼には、就職が決まった時から「社会人になって2年経ったら結婚しよう」と言われていて、私もその言葉を鵜呑みにしていました。
私としては22歳で社会人となり「2年後の24歳で結婚式を挙げる」と思っていましたが
24歳の誕生日が迫っても彼はプロポーズしてくれません。

私も彼も仕事が忙しく、遠距離のため、デートは2~3か月に1回。
マンネリ化し、電話は週に1回、メールも1日1通程度になっていました。

しかも、会うためだけの交通費だけでも毎回数万円。
結婚資金も必要なのに、これでは何のために働いているのかわからなくなってきます。
さりげなく結婚の話題を振っても「もっと仕事ができるようになったら・・・。」とのらりくらり。

私は仕事のストレスも溜まって余裕がなくなり、しびれを切らして、泣きながら彼を問い詰めました。
「結婚する気がないなら言ってくれない?ほとんど会えない今の状況では、何のために付き合っているのかわからない。あなたと結婚しないなら、私は別の人を探さなければならない。だから早く言ってほしい。結婚しないなら別れてください。」
そして自分から連絡をしなくなり、電話も取らなくなりました。私はしばらく経ったある日、彼から電話がかかってきました。
少し冷静になったので電話をとると彼は
「あれからしばらく考えたんだけど・・・」
私は別れも覚悟していましたが
「結婚しよう」
とプロポーズしてくれました。
そして「実は今年のクリスマスにプロポーズしようと思っていた」と告白。
学生時代の結婚の約束「社会人になって2年で結婚」には、2人の間に認識の違いがあったのでした。
彼は「2年経ってプロポーズ(したらすぐに結婚できる)」とのんびり構え、
私は「2年後に結婚式(をするために両親への紹介や結婚式の準備も逆算して、早くプロポーズを)」と焦っていました。今ではその彼と結婚し、2人の子供に恵まれ幸せな結婚生活を送っています。
あの時、自分が焦ったせいでプロポーズの機会を奪ってしまった事は今でも少しだけ後悔しています。
その当時、友人に悩みを相談したんです。婚活サイトの話を教えてくれ、その友人が婚活サイトで
「ステキな出会いがあり毎日充しているの!」と、見た目はぽっちりさんですが、かっこいい友人のタイプの方でした。皆さんにも、素敵な出会いがあります様に是非参考にしてください。
参考サイト※婚活サイト ぽっちゃり